首相官邸前・定例集会のご案内

毎月第2、第4木曜日の11:30~13:30 安倍総理応援集会を行っています。 6月28日、7月12日、7月26日予定

ポンぺオ長官歓迎集会の取材に来られた統一日報洪熒主幹を逆取材!!

2018年7月15日

ポンぺオ米国務長官が首相官邸に表敬訪問された7月8日は、首相官邸で第一回目の平成30年7月豪雨非常災害対策本部会議を開催した日でもありました。

安倍首相は、朝から官邸に詰められ、会議にポンぺオ長官、姜京和長官の表敬を受けられたりとお忙しい一日でしたようですね。

豪雨の被害状況が明らかになるにつれ、私たちも本当に心が痛みます。

亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りいたします。

また
行方不明の方が早く見つかるように・・
猛暑の中での救助作業が迅速に進むようにお祈りいたします。

さて、ポンぺオ長官の歓迎集会の時に統一日報の洪熒主幹が取材に来られていたのですが、集会が終わった後、私たちの取材に応じて下さいました。

一部は動画に収録しました。それがこちらです。↓↓

収録では、ポンぺオ長官が安倍首相と一体何を話されたのか・・・ということを中心にお話ししてくださいました。

洪先生は、次の統一日報の記事の締め切りが迫っていたのもあるのですが、次の紙面にどんな記事を載せるかということについてもいろいろ話してくださいました。

で、7月11日に発行された統一日報の一面トップはどんな記事だったのかといえば、こちらです。↓↓
大韓民国の建国と憲法を否定する「大統領令」

韓国は今年の8月15日に建国70周年を迎えますが、文在寅大統領は、なんとその正当性を否定しています。来年2019年が建国100周年と事あるごとに主張しています。

しかし実際は、大韓民国政府樹立国民祝賀式が1948年8月15日に行われています。
この日、李承晩大統領が大韓民国樹立宣言をしたそうですが、残念ながらその宣言文は探してみましたが見つかりませんでした。


<大韓民国政府樹立国民祝賀式(1948年8月15日)>

ここで、大韓民国憲法の前文を見てみましょう。

유구한 역사와 전통에 빛나는 우리 대한국민은 3·1운동으로 건립된 대한민국임시정부의 법통과 불의에 항거한 4·19민주이념을 계승하고, 조국의 민주개혁과 평화적 통일의 사명에 입각하여 정의·인도와 동포애로써 민족의 단결을 공고히 하고, 모든 사회적 폐습과 불의를 타파하며, 자율과 조화를 바탕으로 자유민주적 기본질서를 더욱 확고히 하여 정치·경제·사회·문화의 모든 영역에 있어서 각인의 기회를 균등히 하고, 능력을 최고도로 발휘하게 하며, 자유와 권리에 따르는 책임과 의무를 완수하게 하여, 안으로는 국민생활의 균등한 향상을 기하고 밖으로는 항구적인 세계평화와 인류공영에 이바지함으로써 우리들과 우리들의 자손의 안전과 자유와 행복을 영원히 확보할 것을 다짐하면서 1948년 7월 12일에 제정되고 8차에 걸쳐 개정된 헌법을 이제 국회의 의결을 거쳐 국민투표에 의하여 개정한다.

以下日本語訳
悠久な歴史と伝統に輝く我々大韓国民は、3・1運動で建立された大韓民国臨時政府の法統と、不義に抗拒した4・19民主理念を継承し、祖国の民主改革と平和的統一の使命に立脚して、正義・人道と同胞愛で民族の団結を強固にし、全ての社会的弊習と不義を打破し、自律と調和を土台に自由民主的基本秩序をより確固にし、政治・経済・社会・文化のすべての領域において各人の機会を均等にし、能力を最高度に発揮してもらい、自由権利に拠る責任義務を完遂するようにし、(国)内では国民生活の均等な向上を期し、外(交)では恒久的な世界平和と人類共栄に貢献することで我々と我々の子孫の安全と自由と幸福を永遠に確保することを確認しつつ、1948年7月12日に制定され8次にわたり改正された憲法を再度国会の議決を経って国民投票によって改正する。

大韓民国憲法前文を見るとたしかに大韓民国臨時政府を現・大韓民国の前身と位置づけているようです。しかし、臨時政府はあくまでも臨時政府。文大統領が、来年は建国100周年と言ってるようですが、これは憲法無視だと言えます。

そもそも大統領令というのは、上位法令の法律の委任があって成立するもの。根拠となる法律がありません。これもおかしなことですね。

大韓民国臨時政府というのは、あの3.1独立運動が原動力となって上海に結成された朝鮮独立運動組織です。

ロウソク民衆革命政権と自認する文在寅・主思派政権は、「ロウソク革命」は、3・1運動の精神を引き継いだ名誉市民革命と言いたいのでしょう。

関連記事も三面にありました。是非ご一読を!!!
文在寅政権の正体 建国節論難と国家解体

また、洪先生逆取材中、他に話題になったことといえば・・・
こちらの記事のことです。
扇動メディアのJTBCが平壌に支局

JTBCというのは、どんなメディアかというと、記事にも書いてありますが、朴槿恵大統領弾劾の際、有力な証拠とされた、タブレットPC(崔順実所有とされた)を捏造、報道した中央日報系列 のTVメディアです。

記事によれば、このJTBC以外にもKBS、聯合ニュースも平壌に支局を開設するという申請を出していたそうですが、平壌が許可したのはこのJTBCだけだったそうです。

余談になりますが、このタブレットPCが偽物だと主張し、自身が主宰するメディアで激しく糾弾しているメディアウォッチの邊煕宰氏は今、獄中にいます。名誉棄損ということで検察に拘束されたのです。(参考記事 統一日報 金正恩と連帯した文在寅の司法恐怖政治 )
名誉棄損は通常、身柄の拘束をしないものですが、逃亡の恐れも、証拠隠滅の恐れもない邊煕宰氏の拘束は、政権による言論弾圧との声も上がっています。もちろん名誉棄損という罪状自体も弾圧です。
ちなみにこちらのタブレットPCが偽物だという件も統一日報で記事にしています。
↓↓是非ご一読を・・・・
「大韓民国が恥ずかしい」

朴槿恵大統領弾劾はそもそも、北のご意向でもあります。
こちらは、北朝鮮の労働新聞(2016年3月16日)の一部です。

黄色にマーキングした部分を日本語に訳してみましょう。

朴槿恵は退陣しろ
朴槿恵を処刑せよ
弾劾対象・朴槿恵政権、ひっくり返そう

朴槿恵大統領の弾劾訴追案が国会で可決されたのは、2016年12月9日
労働新聞は、その9が月ほど前に、朴槿恵大統領の弾劾を労働新聞で堂々と”指示”してたということですね。

JTBCは証拠をねつ造し、朴槿恵大統領を弾劾を大きくアシスト。
平壌にも支局開設を許可していただいたってことでしょうか?

まあ、洪先生への逆取材はてんこ盛りの話題でいつまでも話が尽きませんでしたが、また次の機会にということで逆取材を終えました。

洪先生、締め切りが迫っている中、取材ご協力本当にありがとうございました。

 

 

所感

Posted by ShinDon