首相官邸前・定例集会のご案内

毎月第2、第4木曜日の11:30~13:30 安倍総理応援集会を行っています。 9月13日、9月27日、10月11日予定

北朝鮮終焉宣言のチラシが出来ました。北朝鮮は70年を越えられない!!

板門店での金正恩、ムン・ジェイン両首脳における南北会談が行われ、日本のマスコミは南北融和の報道一色だが、融和ムードに騙されてはいけません。

北朝鮮の金正恩は、叔父を殺し、兄を殺し、反逆する民を公開処刑で殺す殺人鬼であります。そして韓国のムン・ジェインは、北を信奉する共産主義者です。その事をはっきりと知らなくてはなりません。

日米同盟強化有志連合では、「北朝鮮終焉宣言のチラシ」を作成し、国会議員会館の国会議員へ配布すると同時に、日本国民に向けての配布、啓蒙に取り組んでいます。

チラシのダウンロードはこちらから
■北朝鮮終焉
http://japan-us.org/wp-content/uploads/2018/05/kitasyuuen1.pdf

■実行力と実績のある安倍政権
http://japan-us.org/wp-content/uploads/2018/05/kitasyuuen2.pdf

北朝鮮は70年を越えられない

「神を否定し、憎悪と不信の哲学共産主義とその国は70年を越えられない」という天理があります。まさにその天理を証明するが如くに、私達は歴史的事実を目撃しました。

即ち、1917年11月7日のロシア革命からロシア内戦を経て1922年12月30日に成立したソビエト連邦は、69年後の1991年12月25日に崩壊しました。ミハイル・ゴルバチョフ ソビエト連邦大統領は辞任を表明し、クレムリンに掲げられていたソビエト連邦の国旗「鎌と鎚と赤旗」を降ろし、代わってロシア連邦の「白青赤の三色旗」が掲げられたのです。翌日の12月26日にはソ連最高会議共和国会議で「ソビエト連邦」の消滅が確認されました。

北朝鮮、朝鮮民主主義人民共和国は、ソ連の朝鮮占領軍が監督する中で1948年9月9日に一方的に独立を宣言したのでした。 さて、今年2018年9月9日は70年になるのです。アメリカのトランプ大統領と日本の安倍首相が天理のままに決断実行することに北朝鮮の運命がかかっているようです。

脱北者の絶叫

【韓国社団法人 「自由統一文化院」 院長 イエラン】
私は21年前に脱北した者です。韓国に来てからずっと継続して中国による脱北者の強制送還に反対して来ました。しかし、今でも脱北者達は強制送還されている為に、中国に人身売買され、性奴隷としての人生を送っています。日本の慰安婦の問題は70年以上ほぼ100年前の問題にもかかわらず、しつこいほど問題視する韓国の民主主義を唱える人達や人権運動家たちは、今日のこの脱北者達の性奴隷問題に対しては言及すらしません。政治家の誰一人も口に出そうとしません。今、中国に売り渡された15歳、16歳の少女達は、昼は中国の監視下で一日中辛い農作業をさせられ、夜には町中の男達から性暴行を受けながら死んでいっています。6.25戦争の時、中国は金日成を助け、数百万人を殺し、韓半島を分断させた張本人であり、戦犯です。その時、中国が金日成を助けなかったならば、今日、北朝鮮の住民達があのような人権弾圧を受ける共産主義独裁の地獄で暮らさなくても良かったはずです。
私は最近、南北首脳会談の時にどんな食事をするのかに関連する放送出演を頼まれましたが、拒否して言いました「。私はあのゴミのような南北首脳が会うことに関心もなければ、むしろ南北会談が行われない事を願う。」と言ってやりました。北朝鮮の人びとは今日も当局の強制的な財産没収のため、6~7人が自殺という命を懸けて行為で抗議をしています。この状況の中で喉にご飯が通りますか?南北首脳会談という詐欺行為をしているその場所で何を食べるのかに注目するなんて!この国のメデイアはどうなっているのでしょうか?それが私たちに何の意味があるのでしょうか?私達は、殺人者である金正恩を殺してしまいたい思いで燃え上がっているのです。この国の寝ぼけている国民にはやりきれない気持ちともどかしい気持ちでいっぱいです。韓国はとうとう北朝鮮の住民達と同様の共産主義の地獄に落ちて行く危機に来ています。今まで誰のせいで平和が守れなかったのですか?金日成、金正日、金正恩の共産主義世襲独裁のせいで、私達は平和に暮らすことができなかったのです。このような一番重要な事実を忘れている韓国の国民たちよ~!どうか目覚めてくださる事を切に願います。

天運の保護を受けられるトランプ大統領と安倍首相の益々の結束を!

国内外のメデイアが、南北首脳会談によって策動された融和ムードの中で、間もなく行われようとする米朝首脳会談に対し、騒乱状態です。北朝鮮は、なりふり構わず二重にも三重にも策略を巡らしてアメリカや日本、世界に揺さぶりをかけています。そこに左翼マスコミが連動するのが問題です。

こういう情勢の中で、唯一韓半島の平和実現の可能性と希望が見える道は、トランプ大統領と安倍首相が完全に一体となって「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化を実現するまで北朝鮮への最大限の圧力を緩めない「」拉致被害者の即時一括帰国」を押し通すこと、注意することは、いかなる誘惑にも揺るがず、負けず、功名心や自己中心の欲望に囚われることなく、虚心坦懐、冷静沈着にして天運の保護を受けながら世界と国の平和と安全、自由のために正義を貫いていくことです。そのようにする時、北朝鮮は、自滅の運命をたどることでしょう。実行力と実績のある安倍首相 ! 良識ある国民、アジア、世界の人びとが応援しております。

文在寅政権この1年、経済が破綻しつつある韓国
安倍政権で景気回復が続いている日本

【韓国から日本に嫁いだ婦人の声】

「朴権恵元大統領を罷免、監獄に追いやったあの韓国ロウソクデモの第2弾とも言える安倍政権を落そうとする左翼系活動家とマスコミによる異常なデモが日本でも始まってしまいました。

この状況を目の当たりにして、ジッとしていることができません。文在寅政権が立って1年が過ぎ、今韓国がどうなっていると思いますか?とんでもない経済政策を次々行い、世界でも類例のない反企業政 策で、国民を対象に実験をしています。最低賃金を3年間連続で15パーセント引き上げる。勤労時間を短縮、公共部門と国家公務員を増やす。法人税を25パーセントにも引き上げる。世界の体制とは真逆の道を走っています。このような反企業政策の結果、韓国経済の根幹を揺るがし、国内経済は破綻状態で、運営が苦しくなったたくさんの企業が次々と海外に脱出しています。若者達の失業率は17年ぶりに最悪を記録し、いくら名門の一流大学を出ても仕事が見つからず、就職もできず苦しんでいます。最低賃金を上げた結果、自営業者、サービス業などの中小企業者は、店をたたまざるを得ない状況。庶民達の職場はどんどん消えていきます。文在寅政権は1年もたたないうちに雇用大惨事を もたらしてしまいました。では、韓国と比べて日本はどうでしょうか?今は就活生にとって最も有利な売り手市場、人手不足なぐらいに好景気です。働きたいと思えばいくらでも働ける環境。これはただで得られたものではありません。安倍政権の前の政権を思い出してください。首相がコロコロ変わり、経済は混迷。若者達は就職難で大変だったでしょう?混迷と停滞が続く経済を立て直し、景気をここまで回復させたのは、言うまでもなく安倍首相の素晴らしい経済政策のお陰ではないでしょうか?これを日本国民は高く評価するべきと思います。又、安倍首相の外交は世界の自由と平和を守る為に素晴らしい成果を上げている事を付け加えます。韓国の国民は現在、核を積んだ社会共産主義地 獄行きの列車に乗せられ、文在寅政権による反米、反日、親北、親中の路線を突っ走っています。行き着く所は、自由、平和、幸福、人権などのかけらもない社会共産主義の地獄です。日本の皆さん、韓国のようにならないよう安倍首相と共に頑張ってください。」

中国共産党と左翼野党との連携プレーによる日本国土売却

まともな政策論議のできない野党勢力は、一年以上証拠のない疑惑で 国会を空転させ、既に数千億円という血税をドブに捨てました。その陰で、中国共産党は北海道をはじめとして国内の土地を買い漁り続けているのです。この様な中国と左翼野党との連携プレーにより国土が奪れ、“中国領” になりつつある事を国民は知らされていません。しかも国交省は、中国との土地取引を斡旋するための驚愕の「マニュアル」まで作って支援しているのです。この様な亡国の国交省と官僚達は、最近では奄美大島に中国資本のリゾート開発を誘致するという呆れた現状です。明らかに中国共産党の意図は侵略であり、本気で日本を狙っている事を、 国民は知るべきです。議論すべき懸案は山のようにあります。野党は、モリカケや日報問題等で審議拒否などしている暇はないのです。日本国土、領土を守る為に今すぐにでも法整備し対処しなければ、手遅れになるでしょう。

チラシのダウンロードはこちらから
■北朝鮮終焉
http://japan-us.org/wp-content/uploads/2018/05/kitasyuuen1.pdf

■実行力と実績のある安倍政権
http://japan-us.org/wp-content/uploads/2018/05/kitasyuuen2.pdf